楽しみながらのリハビリで心と体を元気にしたい。出会いを大切に心ある介護を目指します

施設情報

〒484-0085 愛知県犬山市犬山西古券122
tel. 0568-65-2220

犬山駅より徒歩10分/車で3分、駐車場完備

新着情報

お知らせ一覧

受付時間

通常期(児童発達支援)11:30~17:30 【月】○【火】○【水】○【木】○【金】○【土】※【日】× / 通常期(放課後等デイサービス)放課後~17:30 【月】○【火】○【水】○【木】○【金】○【土】※【日】× / 特別期(※)9:45~15:45 【月】○【火】○【水】○【木】○【金】○【土】○【日】×

※特別期は土曜、祝日、夏休みなどの長期休暇日などの学校休業日になります。
ご希望の方には、昼食のお弁当屋さんを紹介(あっせん)させていただきます。

■休日 日曜日、4月第1土曜、8月13日~16日、12月30日~1月4日

対象の児童

◎対象の児童(定員10名)

知的障がいの児童を中心とした、サービス提供を行います。

通常の事業の実施地域

犬山市・扶桑町・大口町(それ以外の地域の方は、ご相談ください。)

◎放課後等デイサービス

月曜~土曜
通常期:放課後~17:30
特別期:9:45~15:45
(含土祝)
※特別期は、夏季・冬季等長期休暇、祝日・土曜等学校休業日

・事業内容
児童福祉法に基づく障害児通所支援事業。
学校に就学している障害児について授業の終了後又は休業日に生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流促進その他の便宜を供与する事業です。

・利用対象者
知的障害を中心とした、6歳~18歳までで小学校から高校に就学している児童
※中学生までに利用を開始した児童が対象です

◎児童発達支援

月曜~土曜
通常期:11:30~17:30
特別期:9:45~15:45
※特別期は、夏季・冬季長期休暇、及び土曜・祝日等学校休園日

・事業内容
児童福祉法に基づく障害児通所支援事業。
未就学などの障害児について、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練の便宜を供給する事業です。

・利用対象者
知的障害を中心とした、0歳~18歳までの未就学児

料金案内

◎料金

事業1(放課後等デイサービス)(給付対象者) 通常期  913円程度 /1回
特別期 1,059円程度 /1回
事業2(児童発達支援) 1,069円程度 /1回
その他実費負担していただく項目 おやつ代        放デイ30円/1回 児発25円/1回
昼食費(お弁当代)   400円/1回
創作活動にかかる材料費 実費

【送迎加算54円 (片道につき)】
※1、2に関しまして、場合によっては上限管理加算155円、欠席時対応加算95円、福祉専門職員配置等加算15円がかかります。また、利用額の一定割合の処遇改善加算がかかります。

※利用に際しましては、お住まいの市町村の受給者証が必要です。 受給者証の交付には、障害者手帳などの手帳や医師の診断書は、原則、不要です。

※ 給付対象の利用者負担額は、1月ごとの上限があります。 所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定されています。1月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

生活保護受給世帯 0円 / 市町村民税非課税世帯 0円 /  市町村民税課税世帯(所得割28万円未満)(注)収入が概ね890万円以下の世帯 4,600円以内 /  市町村民税課税世帯(所得割28万円以上)(注)収入が概ね890万円以上の世帯 37,200円以内

一日の流れ

  • 1.送迎

  • 2.受け入れ開始

  • 3.昼食

  • 4.個別集団活動等

  • 5.おやつ

  • 6.片付け・トイレ・帰りの会

  • 7.帰宅

年間行事

花見・端午の節句・夏祭り・避難訓練・秋祭り・クリスマス会・節分・ひな祭りなどの季節に応じた所外活動や行事などを行っています。

◎適応訓練内容などの例

  1. トイレが自立できる
  2. 日常のあいさつができる
  3. 自らの要求を他人に伝えることができる
  4. 順番を待つことができる
  5. レクリエーションに参加しお友達と交流する
  6. 行事に参加しいろいろな体験をする  等々

フォトギャラリー